dmenuスポーツ

6月25日(土) 14:00 プレイボール

戦評

巨人は1回表、岡本和と大城の適時二塁打で4点を先制する。その後は、ポランコが2本塁打を放つなど6本のアーチが飛び出し、終わってみれば19安打で19得点を挙げた。投げては、先発・シューメーカーが今季4勝目。敗れたヤクルトは、投手陣が崩壊した。

試合速報

トピックス

競技一覧

外観

競技一覧
トップへ戻る