dmenuスポーツ

高校野球

第101回高校野球選手権 地方大会

奈良大会

8月27日(火)の試合予定

夏の逆転劇の可能性は大いにあり

夏の逆転劇の可能性は大いにあり

春季県大会を今年も制した智辯学園は、課題だった投手に新1年生が2枚加わり、戦力アップ。
打線も例年通りにいいが、「打線は水物」で昨年のような敗戦もあり得る。
昨秋優勝の天理は主将・捕手・4番の北野次第。
春は思わぬ形で大会を後にした法隆寺国際はエース・丹羽が投げれば、上位進出は間違いない。
昨年と同様、エース級が投げずに春は初戦負けの奈良大付は今年もダークホース枠。
生島秀峰監督が就任すぐの春に結果を出した郡山がさらに上に行く可能性も十分ある。

奈良大会 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る