dmenuスポーツ

高校野球

第101回高校野球選手権 地方大会

広島大会

8月27日(火)の試合予定

広陵一歩リードも“大本命”不在

広陵一歩リードも“大本命”不在

センバツ出場の広陵が、戦力バランスで一歩リード。
計算できる投手を複数揃え、内外野の守りに穴がないことも“負けにくさ”を感じさせる。
若干の物足りなさを感じる攻撃面に、他校がつけ入ることができるかがポイントになりそうだ。
対抗筆頭が春準Vの如水館。
勝ちパターンの継投を確立し、右の強打者が並ぶ中軸をはじめとした打力も申し分ない。
秋春連続4強の崇徳、春優勝の広島商はディフェンス面に不安があるものの、攻撃力を武器に頂点まで駆け上がる可能性十分。

広島大会 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る