dmenuスポーツ

8月18日(木) 18:00  神宮

戦評

阪神は3回表、ロハス・ジュニアの3ランで先制に成功する。続く4回に原口がソロを放つと、7回には島田の適時打が飛び出すなど、終わってみれば14安打で10得点を挙げた。投げては、先発・西純が5回2失点と試合をつくり今季4勝目。敗れたヤクルトは、投打ともに振るわなかった。

メンバー

トピックス

競技一覧

外観

競技一覧
トップへ戻る