dmenuスポーツ

7月1日(金) 18:00 プレイボール

戦評

広島は初回、マクブルームと坂倉の連続適時打で2点を先制する。3-1で迎えた5回裏には、2死三塁の好機からマクブルームが2ランを放ち、リードを広げた。投げては、先発・大瀬良が6回3失点で今季7勝目。敗れた巨人は、先発・シューメーカーが精彩を欠いた。

メンバー

広島

ホーム

巨人

ビジター

トピックス

競技一覧

外観

競技一覧
トップへ戻る