dmenuスポーツ

11月24日(水) 18:00 プレイボール

戦評

ヤクルトが接戦を制し、20年ぶりの日本一へ王手をかけた。ヤクルトは2回裏、サンタナのソロで先制する。その後、同点となった直後の6回には、オスナの適時打で勝ち越しに成功した。投げては、先発・石川が6回3安打1失点の好投。敗れたオリックスは打線が振るわず、後がなくなった。

メンバー

ヤクルト

ホーム

オリックス

ビジター

トピックス

競技一覧

競技一覧
トップへ戻る