dmenuスポーツ

7月3日(日) 14:00 プレイボール

戦評

オリックスは初回に安達、中川圭、マッカーシーの適時打で3点を先制する。その後4-3となって迎えた9回表には、吉田正の走者一掃となる適時打が飛び出し、試合を決定づけた。投げては、2番手・黒木が4年ぶりの白星。敗れた日本ハムは、打線が中盤の好機を生かせなかった。

試合速報

トピックス

競技一覧

外観

競技一覧
トップへ戻る