dmenuスポーツ

プロ野球

巨人 vs 阪神

10月10日(木) 18:00  東京ドーム

戦評

巨人が日本シリーズ進出に王手をかけた。巨人は1-0で迎えた4回裏、ゲレーロに2ランが飛び出し、追加点を挙げる。続く5回には岡本の適時打などで2点を奪い、リードを広げた。投げては、先発・メルセデスが7回無失点の好投。敗れた阪神は、投打ともに振るわなかった。

10月10日 21:12更新

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
1 0 0 2 2 0 0 1 X 6 11

勝:メルセデス (1試合 1勝 0敗 0セーブ)
敗:高橋遥 (1試合 0勝 1敗 0セーブ)

阪神: (投) 高橋 遥人ガルシア島本 浩也岩貞 祐太守屋 功輝 (捕) 梅野 隆太郎

巨人:(投) メルセデス大竹 寛デラロサ (捕) 大城 卓三炭谷 銀仁朗

アイコンは連続写真となります

9回

9回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

試合終了

1塁走者福留に代わり、「卓越した瞬発力」江越

福留

死球を受ける 1塁

ピッチャー大竹に代わって「紅玉のファストボーラー」デラロサがマウンドにあがる 守備変更:陽→ライト 守備変更:重信ライト→レフト

8回

8回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

1塁走者陽はさらに3塁まで進塁 2アウト3塁

梅野(捕):悪送球

1塁阿部→代走:陽

バッターゲレーロに代わり、「忘れ形見のフルスイング」阿部

ピッチャー岩貞に代わって「新指揮官の秘蔵っ子」守屋がマウンドにあがる

8回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

バッター岩貞に代わり、「球団史に刻む背番号1」鳥谷

ピッチャーメルセデスに代わってシュートボールが持ち味の大竹がマウンドにあがる 「爆発的な一歩目」重信がライトの守備につく 「お墨付きのリード」炭谷がキャッチャーの守備につく

7回

7回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

7回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

6回

6回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

投手交代:島本→岩貞

6回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

北條

空振りの三振を喫する 2アウト

5回

5回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

一塁走者坂本勇、二塁走者亀井ダブルスチール成功! 2,3塁

投手交代:ガルシア→島本

5回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

ガルシア→代打:陽川

4回

4回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

岡本

レフトへのツーベース 2塁

4回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

3回

3回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

投手交代:高橋遥→ガルシア

3回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

一塁走者近本:盗塁成功 2塁

高橋遥→代打:上本

2回

2回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

一塁走者若林:盗塁を試みるもアウト 3アウトチェンジ

2回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

1回

1回裏

巨人 の攻撃

打者名 詳細

1回表

阪神 の攻撃

打者名 詳細

試合開始

試合前

詳細

先発は巨人がSクラスの安定感を誇るメルセデス、阪神が「打者お手上げの高質直球」高橋遥

トピックス

トピックス

競技一覧
トップへ戻る