dmenuスポーツ

高校野球

第101回高校野球選手権 地方大会

静岡大会

8月27日(火)の試合予定

本命なき大混戦

本命なき大混戦

ここ数年、静岡と常葉大菊川の2強時代が続いていたが、今年はその両校に絶対的な力がなく大混戦。その中で最速144キロ左腕・髙田琢登を擁する静岡商、秋春ともにベスト4に食い込んだ加藤学園、元ヤマハ監督の長田仁志監督が就任した静清が甲子園に近いと見る。
第1シードの浜松商は打線が活発で名門復活の兆し。
静岡、静岡市立、御殿場西の実力校は夏に照準に合わせ侮れない存在。知徳、清水桜が丘、駿河総合、浜松開誠館も勢いに乗れば突っ走る可能性がある。

静岡大会 関連ニュース

    もっと読む閉じる

    トピックス

    トピックス

    競技一覧
    トップへ戻る