プロ野球

第88回都市対抗野球

関連ニュース

    もっと読む閉じる

    注目選手

    • 鈴木 康平

      鈴木 康平

      所属 日立製作所
      ポジション 投手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B+


      ■どんな選手?/150キロの快速球で日本選手権から台頭。1点リードの9回無死二、三塁でマウンドに上がり、先頭打者に3ボールから持ち直して三者凡退でピンチを切り抜けた。狭い幅の中で投げられるオーバーハンドで、右打者の外のスライダーに、カーブやスプリットを織り交ぜて長いイニングを組み立てる能力もある。今年の上位候補の選手の中で、数少ない調子を崩していない選手。

      ■最大の長所/三振が取れるストレート。右打者のインハイに抜けた球でも、振らせてしまう。

      ■プロで似た選手は?/高野光(元ヤクルトほか)。

    • 幸良 諒

      幸良 諒

      所属 Honda
      ポジション 投手
      投打 右投左打
      プロ注目度 B


      ■どんな選手?/チェンジアップのいい先発型右腕。140キロそこそこでもキレがあり、チェンジアップで探りを入れたり、右打者にはスライダーで簡単に追い込むなど、相手を見てパターンを変えられる。チェンジアップは左打者の外だけでなく、右打者の低めにもしっかりと集められる。

      ■最大の長所/力むことなく、7回ぐらいまでスイスイと試合を作る。同じ2年目の150キロ左腕・永野将司との必勝リレーに期待。

      ■プロで似た選手は?/若松駿太(中日)。

    • 田嶋 大樹

      田嶋 大樹

      所属 JR東日本
      ポジション 投手
      投打 左投左打
      プロ注目度 A


      ■どんな選手?/和製ランディ・ジョンソン系にありがちな危うさがまったくない大型左腕。137~144キロのストレートは数字以上の体感速度で、ボールのキレと将来性は一級品だ。得意のクロスファイアーだけでなく、左打者の内も突ける。大人と対等に戦える勝負根性が隠れた武器。ベテランに睨まれても動じずに内角攻めを続ける。だが、昨秋から故障もあって停滞ぎみ。都市対抗本大会ではどのようなピッチングを見せられるか!?

      ■最大の長所/背中に入るテークバック。柔らかいけどバラつかないから球筋が安定し、コンマ何秒の遅れを生み出す。

      ■プロで似た選手は?/左のサンチェ(元巨人)。

    • 西村 天裕

      西村 天裕

      所属 NTT東日本
      ポジション 投手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B+


      ■どんな選手?/馬力で投げるクローザー候補。大学4年時にドラフト指名が有力視されていたが、直前に左膝前十字靭帯損傷の大ケガをして、指名は見送りに。後遺症はなく、ケガ前と遜色がないような、帽子を飛ばして力投し、150キロ超え連発で球場を沸かせるも、耳のあたりでリリースするため空振りが取れず、スライダーもぼんやりしていた。しかし、昨秋にカットボールを覚えたことで、前で放すコツをつかんだ。球質が改善され、カットボールが決め球で使えるなら、プロでも7、8、9回で。

      ■最大の長所/ストレート。「150キロに見える145キロ」を投げられるか。

      ■プロで似た選手は?/鍵谷陽平(日本ハム)。

    • 鈴木 博志

      鈴木 博志

      所属 ヤマハ(新日鐵住金東海REXの補強選手)
      ポジション 投手
      投打 右投右打
      プロ注目度 A


      ■どんな選手?/とてつもないエンジンの持ち主。軽く投げても150キロ超えの馬力はメジャークラス。昨秋の日本選手権では2回6四球の立ち上がりを無失点で切り抜けるなど、荒れっぷりもスケールが大きい。クラシックスタイルの着こなしやクイックに無頓着なところもメジャーリーガーっぽい。リリースの瞬間に「ピチッ」と音がするから、ボールにしっかりと回転がかかり、威力あるストレートになる。

      ■最大の長所/怖いくらいのストレート。荒れ球だからバントもできない。狙っていても打球が飛ばない。

      ■プロで似た選手は?/スケール感はサファテ(ソフトバンク)。

    • 松本 直樹

      松本 直樹

      所属 西濃運輸
      ポジション 捕手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B


      ■どんな選手?/ひと目見ただけで、能力の高さがわかる。今時の社会人では珍しい「強肩強打」のフレーズが似合うポテンシャル型の捕手。リードも決して悪くないが、引退した大エース・佐伯尚治なら何とかできても、他の投手だと1つの判断ミスが命取りになる。怖さを知った昨秋の日本選手権予選での敗退を教訓に、今年は勝てる捕手に。

      ■最大の長所/地肩の強さ、体のバネを生かすプレーぶりに存在感あり。そこにいるだけで場が華やぐ。

      ■プロで似た選手は?/はつらつとした感じが中尾孝義(元中日ほか)。

    • 岸田 行倫

      岸田 行倫

      所属 大阪ガス
      ポジション 捕手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B


      ■どんな選手?/若さに似合わぬ落ち着きと判断力。審判にせかされても自分のペースを崩さないあたりは10年選手のよう。大阪ガス入社時は内野手になる可能性もあったが、「他のポジションでは物足りなくなってしまった」という本人の強い意向で捕手一本でプレーを続ける。相手打者の力量を見抜いて「懐を突くまでもない」と判断したら、あえて外一辺倒での勝負を選択できる。左右の柱が抜けた今年は、自分が投手を育てるぐらいの心意気で!

      ■最大の長所/流れが見えている。突発的な事態にも慌てない。捕手に欠かせない「無形の力」の持ち主。

      ■プロで似た選手は?/さりげない知性は伊東勤(元西武)か。

    • 北川 利生

      北川 利生

      所属 日本通運
      ポジション 三塁手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B


      ■どんな選手?/大阪桐蔭高の恐ろしさを証明する大物打ち。高校時代は下位打線だったが、大学、社会人で不動の4番になり、プロ注目の存在に。右中間への特大の一発で、試合の流れを根こそぎ持っていく。徹底マークされても、甘い球を逃さず仕留めることができるか。創価大時代には一時捕手を務め、田中正義(ソフトバンク)とバッテリーを組んだこともある。その経験を打撃に生かしたい。

      ■最大の長所/センターから右への長打力。右手主導でテニスのフォアハンドのように叩き込む。

      ■プロで似た選手は?/右方向への打球の伸びは中島輝士(元日本ハムほか)。

    • 齋藤 俊介

      齋藤 俊介

      所属 JX-ENEOS(三菱日立パワーシステムズの補強)
      ポジション 投手
      投打 右投右打
      プロ注目度 B+


      ■どんな選手?/社会人で開花の兆しを見せる速球派右腕。昨夏は補強選手として東京ドームで140キロ台後半を連発。上背はないものの、社会人の投手らしい捕手のミットを押し込む大人の球質を見せた。ドラフト解禁の今季はリリーフとしての爆発力を生かすのか、先発として試合をまとめるのか、方向性を見極める1年になりそうだったところ、2017年シーズン前半では、先発だとピッチングが単調になる不安要素が見え隠れした。都市対抗では短いイニングで吹っ切れた投球に期待したい。

      ■最大の武器/ストレートのみならず、スプリットのようなスライダーをカウント球でも決め球にでも使える。

    • 藤岡 裕大

      藤岡 裕大

      所属 トヨタ自動車
      ポジション 遊撃手
      投打 右投左打
      プロ注目度 C+


      ■どんな選手?/大学時代は東都リーグ史上9位タイの通算104安打をマークし、社会人でも打撃が一段とレベルアップ。バットの出がスムーズになり、左中間へ放り込んだり、難しい低めのストレートを簡単にセンター前に弾き返したり、打撃の伸びが著しい。昨年の社会人1年目は外野手に転向し、足・肩が存分に生きてプレーの輝きが増し、都市対抗では若獅子賞に選ばれた。今季はプロ入りも見据えて、内野手へ再転向。遊撃手・藤岡も板についてきた。

      ■最大の武器/素質に加え、日々のトレーニングで高めた身体能力。向上心の高さもプロ向きだ。

    交流戦

    順位 チーム 試合 勝率
    1 ソフトバンク 18 12 6 0 .666 -
    2 広島 18 12 6 0 .666 0
    3 西武 18 10 7 1 .588 1.5
    4 阪神 18 10 8 0 .555 0.5
    5 楽天 18 10 8 0 .555 0
    6 オリックス 18 10 8 0 .555 0
    7 DeNA 18 9 9 0 .500 1
    8 中日 18 9 9 0 .500 0
    9 日本ハム 18 8 10 0 .444 1
    10 巨人 18 6 12 0 .333 2
    11 ロッテ 18 6 12 0 .333 0
    12 ヤクルト 18 5 12 1 .294 0.5

    トピックス

    トピックス